TOEICが求められる理由

TOEICが求められる理由

TOEICのスコアを求めてくる企業が増えています。

昇進する際や転職する際でも役に立つ資格として有効です。

一定以上のスコアを取っていないと昇進できなかったり職につけないということもあるくらいです。

しかし、TOEICの点数がいいからといって英語がペラペラと言えるかというと実に微妙なところです。

実際のTOEIC習得者の力を見てみたいと思います。

森谷式翻訳術HP

TOEICのスコアが高いと話せるのか

これは実は話せないという背景があります。

その理由としては日本で普及しているTOEICは「聞く」「読む」力を測ることを目的としたTOEIC Listening&Reading Test(TOEIC L&R テスト)と呼ばれるものです。

このテストで990点満点を取ったところで「英語が上手に話せる」ことかどうかわからないです。

読めるけど話せないという現象が起きやすいということですね。

TOEICスコアが高いのに話せないのはしょうがない。

そもそも論としてテスト自体が読む、聞くという項目で作られているために話せないのはしょうがないことです。

正確に言うと話すという項目が入っていないのにそれでスピーキング能力を計測するというのがおこがましいです。

でもなぜか「話せる力」までTOEICで分かるという誤解が広まり、「あれ、期待していたのと違う」という事態になってしまいました。

これはテストの性質を理解していないほうが悪いですよね。

TOEICが人気の理由

冒頭でも触れましたが、日本国内で英語力をアピールするのにTOEICは一番役に立ちます。

英検やTOEFLなどはTOEICより明らかに難しいのですが、大してアピール材料になってくれません。

やはりTOEICの受験者数の規模が信頼性を生んでいると言えるでしょう。

「英語ができる人」と思われたいのなら、留学経験などを説明するよりもTOEICの点数をバシッと言ったほうが納得されるようになっているのが日本社会の実情となっています。

TOEICはどう判断すればいいか

英語をネイティブとして育った人と同じレベルや、英語が話せるというレベルに届くことはTOEICだけでは難しいです。

しかし、英語力の大事な土台である文法や語彙、リスニング、リーディングの基礎を学べるのはTOEICの優れているところになります。

TOEICは日本人が英語初心者の域を脱出して、ビジネスで使える英語を身につけるための最初の関門のステップですね。

つまり、ある程度基礎が固まったというスコアを取れたら、オンライン英会話やコーチング付きの英会話スクールへ行くなど、英語を使うためのトレーニングをどんどん積んでいく学習に切り替えていったほうが英語力も上がると言えます。

森谷式翻訳術HP
TOPページを見る