次世代の働き方ABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)って何?

次世代の働き方ABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)って何?

新しい働き方がコロナをきっかけに注目されています。

その中でもABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)は進んだ考え方として様々な会社に浸透しています。

しかし慣れ親しんだ働き方を変えてしまうと柔軟に対応出来る労働者なら問題ないのですが、柔軟な対応を取ることの出来ない労働者は逆に苦痛になってしまう場合があります。

そのような点を踏まえてABWのメリットやデメリットを紹介していきます。

森谷式翻訳術HP

ABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)とはどんな働き方?

中々聞き慣れてない単語なのですが、これが注目されています。

ではどんな働き方かというと

①業務内容に合わせて、自由に働く場所や机などを選ぶ働き方。

例えば、一人で集中したい作業は静かで落ち着いた部屋で行い、打ち合わせはソファのあるオープンスペースで行うなど、フレキシブルに場所を選んで働くスタイルです。

②ノートパソコンなどのモバイルツールを駆使しながら、自分の業務に関して、いつ、どの場所でやるのが最も効率がいいかを働く人自身が決めていきます。

③オフィスの内外を問わず働く場所・時間を自由に選べるので、移動時間をかけてオフィスへ出勤しなくても、自宅やカフェ、コワーキングスペースなどを働く場所にし、早朝や育児・介護の合間など、生活時間に合わせて業務を行います。

この3つが大事な要素となりますが、簡単にまとめると業務を効率化するために時間も場所も選んでくださいねという働き方です。

ABWのデメリット

自由な時間と場所で仕事を出来るのならメリットしか考えられないと思う方はいるかもしれませんが、このように自由を与えられるとどうしていいのかわからない人は少なからずいます。

そういう方にとってはこのような働き方は受け入れることが出来ないでしょう。

また業務の性質上、自由な働き方が出来ない仕事はあります。

サービス業であったり、研究者などは設備がないと何も出来ませんよね。

フリーランスの働き方と同じ?

フリーランスでしたらABWと変わらない労働スタイルで仕事が出来ると思います。

もちろん翻訳者は当たり前の働き方になりますね。

これが会社員の間に広まるかという限定的かなと思います。雇っている企業も準備をしないといけませんからね。

これだけ進んだ働き方がなった瞬間に出来るのはやはり圧倒的にメリットだったりします。

働き方の選択肢がたくさんあることは可能性が広がります。

森谷式翻訳術HP
TOPページを見る