パソコンはどういうものが必要になるのか?

パソコンはどういうものが必要になるのか?

デスクワークをするには手放すことが無理となってしまったパソコン。

これは翻訳者にとっても変わらないのが現実です。

そしてパソコンが仕事道具となってしまっているので、最新でなくてもいいですが、それなりのスペックがないと仕事に支障をしてしまうかもということがあります。

ではどういう点でパソコン選びをしていけばいいのかそのあたりを解説していきます。

森谷式翻訳術HP

パソコン選びについて

はじめに、翻訳業であればデスクトップパソコンを用いるのがいいです。

理由は、ノートパソコンと比べてデスクトップのほうが値段は低い傾向にあることと、カスタマイズの余地が多くあるからです。

ただしデスクトップですと自由に移動などが出来なくなってしまうので敢えてノートパソコンにしても問題ありません。

この場合はデスクトップと同じ環境にする設備を自宅に整えておけば問題ないです。

OSはどうすればいいのか?

OSについてはwindowsにしておけば問題ありません。

翻訳作業で使用するソフトがmacに対応していないものがあります。

それなのでmacはおしゃれで格好いいのですが、windowsを使用したほうが仕事としては無難でしょう。

スペックは?

必要なパソコンのスペックは、以下のようなものです。

①メモリ容量、保存データ容量が大きい

②画面が大きい

補足をすれば、①については、翻訳支援ツール等、特殊で重いソフトを仕事で使うことになり、翻訳支援ツールについては、4GB超のメモリ容量がないと作動しません(動いてもパソコンの動作がとても重くなります)。

そのため、パソコン本体のメモリとしては、最低8GB、できれば16GB欲しいところです。

②については、翻訳の仕事をすると、翻訳支援ツールの操作画面に加えて、ブラウザやPDFビューワ、コメントファイル(ワード、テキストエディタ、エクセルなど)も開くため、常に複数のソフトが起動した状態になっています。

この時に、できるだけ多くのソフトを平面的に並べて、かつある程度大きな文字で表示できれば、目の負担も減り、作業効率も上がります。

パソコンは商売道具なのでケチらない。

いかがでしたでしょうか。

翻訳者に必要なパソコンは、どうしてもスペックが高いものになりがちであるため、その分予算も大きくなってしまいます。

しかし、仕事の仕方によっては、この金額は半月ほどで回収できるため、あくまで「必要な先行投資」と割り切って、お金はケチらずに良いカスタマイズをして調達して下さい。

森谷式翻訳術HP
TOPページを見る